産経ニュース

【加計学園問題】山本幸三地方創生担当相会見詳報 加計問題の獣医師会側議事録「書いてあること、言っていない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【加計学園問題】
山本幸三地方創生担当相会見詳報 加計問題の獣医師会側議事録「書いてあること、言っていない」

記者会見する山本地方創生相=21日午前、内閣府 記者会見する山本地方創生相=21日午前、内閣府

 山本幸三地方創生担当相は21日の記者会見で、学校法人「加計学園」(岡山市)による獣医学部新設計画をめぐり、事業者決定の約2カ月前の平成28年11月に日本獣医師会(東京都)と面会した際に作成したとされるメモについて「廃棄した」と説明した。一方、獣医師会側の面会記録に関し「書いてあることが、いかにも私が言ったようにいわれているが、そうじゃない」と述べ、改めて特区の選定は「加計ありき」ではないと強調した。

 やりとりの要旨は次の通り。

                 

 --京都産業大が先週の会見で、事前に土地の取得や教員集め、ボーリング調査などを行うことについて「当然リスクのある話だ」と話していた。そういう中で準備不足で断念したという説明だったが、京産大が負うことができなかったリスクを加計学園がなぜ負えたのか

 「それは私が答えることじゃない。加計学園なり、今治市が考えることだ」

 --大臣は国会答弁で、今治市や加計学園の準備行為をオウン・リスク(自己責任)と言っていたが、事業者に選ばれなかった場合、その損害が市民や学園にいってしまう。首長経験者によると、通常そういうことがないように事前に指導するということだが、このような事前の指導を今回、内閣府はしなかったということか

 「それはオウン・リスクでやってもらっていることで、私どもは関知していない」

続きを読む

「ニュース」のランキング