産経ニュース

【憲法改正】社民、改憲反対で新見解 「9条死文化」と自民を批判

ニュース 政治

記事詳細

更新

【憲法改正】
社民、改憲反対で新見解 「9条死文化」と自民を批判

 社民党は20日の常任幹事会で、自民党が憲法改正論議のテーマとする9条など4項目について、いずれにも反対する新見解を正式に決定した。9条1、2項を維持した上で自衛隊の存在を明記する安倍晋三首相の提案について「自衛隊拡大の歯止めとなってきた(戦力不保持と交戦権否定を定めた)2項を死文化する」と批判した。

 同時に「国民の多くが自衛隊を容認していることを利用し、再び戦争ができる国に転換しようとの狙いは極めて危険だ」と指摘した。

 大災害などに備えた緊急事態条項の新設については「基本的人権を大きく制約する根拠となり、ナチス・ドイツの『全権委任法』のように機能し、首相独裁につながる」と懸念を表明。教育無償化と参院選「合区」解消については、法制化で対応可能だとした。

「ニュース」のランキング