産経ニュース

【首相内政懇・要旨】安倍晋三首相、内閣改造・自民党役員人事「継続性と安定性。政権の骨格はころころ替えない」「改革突破力のある人も登用する」 

ニュース 政治

記事詳細

更新

【首相内政懇・要旨】
安倍晋三首相、内閣改造・自民党役員人事「継続性と安定性。政権の骨格はころころ替えない」「改革突破力のある人も登用する」 

スウェーデンのステファン・ロベーン首相と共同記者会見に臨む安倍晋三首相=9日、ストックホルムの首相官邸(AP) スウェーデンのステファン・ロベーン首相と共同記者会見に臨む安倍晋三首相=9日、ストックホルムの首相官邸(AP)

 【内閣改造・党役員人事】

 スピード感を持って政策を実行し、結果を出していかなければならない。一つ一つ結果を出すほかに信頼回復の道はない。そのために結果を出せる、しっかりした態勢を速やかに整える必要がある。

 来月に入ったら早々に党役員人事と内閣改造を断行し、人心を一新する。自民党は人材の宝庫だ。男女を問わず適材適所を第一に幅広い人材を積極的に登用し、経験と実績を備えた安定感あるベテランやこれまでの発想にとらわれない改革突破力のある人たちを登用し、態勢を整えたい。

 安倍政権が政策を進めて結果を出すことができたのは継続性と安定感だろう。そうした意味で(政権の)骨格をころころと替えるべきではないと考えている。

 【内閣支持率】

 (支持率下落を)国民の声として真摯に受け止めたい。評価をいただけるような結果を出していくことで信頼を回復していきたい。

 【憲法改正】

 憲法施行70年の節目を迎え、議論をさらに深めて収斂させていく時期を迎えている。そうした思いから党内の具体的な議論を促すため、党総裁として憲法改正のスケジュールについても発言をしてきた。党内で大いに議論し、その上で党の改憲案が国会に示され、各党各会派の意見や対案とともに憲法審査会の場で建設的な議論が行われることを期待している。その過程で幅広い合意形成に努めていきたい。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相、内閣改造・自民党役員人事「継続性と安定性。政権の骨格はころころ替えない」「改革突破力のある人も登用する」 
  • 安倍晋三首相、内閣改造・自民党役員人事「継続性と安定性。政権の骨格はころころ替えない」「改革突破力のある人も登用する」 

「ニュース」のランキング