産経ニュース

ニュース 政治

記事詳細

更新

【ニッポンの議論】
受動喫煙対策 

三原じゅん子氏(左)と鈴木俊一氏 三原じゅん子氏(左)と鈴木俊一氏

 他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙の対策を強化する健康増進法改正案は先の通常国会に提出されず、対応は秋の臨時国会に先送りされた。飲食店について厚生労働省案は原則屋内禁煙にした上で喫煙専用室の設置を認め、30平方メートル以下のバーなどは規制対象外にした。自民党案は150平方メートル以下の飲食店が規制対象外だ。厚労省案を支持する規制推進派の三原じゅん子参院議員と、党たばこ特別委員長で規制慎重派の鈴木俊一衆院議員に話を聞いた。(坂井広志)

三原じゅん子氏 防止策に政治生命かける

 --飲食店に関し30平方メートル以下のバーやスナックなどを規制対象外とした厚生労働省案をどう思うか

 「厚労省案より緩くなることはあり得ない。喫煙専用室の設置は最小限にすべきだ。政府は2020年東京五輪・パラリンピックに向けて受動喫煙を徹底させる方針だが、五輪とは関係なく今すぐにやるべきだ。受動喫煙を受けなければ、1万5000人ががんなどで死亡せずに済んだとの推計がある。政府が本気でやれば1万5000人が助かったと思わなければだめだ」

 --受動喫煙防止に熱心に取り組んでいる動機は何か

 「命を守ることに理由はない。先の通常国会で防止強化策を盛り込んだ健康増進法改正案を提出することができなかった。この法律すら作れなかったことに憤りを感じている」

続きを読む

「ニュース」のランキング