産経ニュース

韓国大統領の一連の歴史問題発言に抗議 日本政府、慰安婦問題で「抑制的」としてきた文在寅氏の評価見直し進める

ニュース 政治

記事詳細

更新


韓国大統領の一連の歴史問題発言に抗議 日本政府、慰安婦問題で「抑制的」としてきた文在寅氏の評価見直し進める

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領=23日、泰安(AP) 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領=23日、泰安(AP)

 政府は23日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領がロイター通信とのインタビューで慰安婦など歴史問題をめぐり日本政府が「最善の努力をしていない」と批判したことに対し、外交ルートを通じて抗議した。22日には米紙インタビューでの文氏の発言に関しても抗議した。文氏が今後も同様の発言を続ければ、日韓両首脳が合意しているシャトル外交の再開に慎重にならざるを得ないとの立場だ。

 ロイター通信インタビューでの発言については、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が23日、在日韓国大使館の李煕燮(イ・ヒソプ)次席公使に遺憾の意を表明した。その上で、慰安婦問題については一昨年の日韓合意で「最終的かつ不可逆的な解決」を確認したことを強調した。

 米紙ワシントン・ポスト(20日・電子版)とのインタビューで文氏が日本に法的責任を取るよう求めた発言については、在韓大使館次席公使が22日、韓国外務省東北アジア局長に抗議したという。

 政府は文氏の対日姿勢について、5月の大統領就任以降は慰安婦合意の見直し要求を封印するなど抑制的な対応を取っていると分析してきた。文氏の一連の発言により、評価の見直しを進めている。

 7月にはドイツでの20カ国・地域(G20)首脳会議にあわせ日韓両首脳が会談する見通しだ。外務省幹部は23日、文氏が米メディアに対して示した見解を首脳会談の場でも示した場合、シャトル外交の再開に支障を来すとの見解を示した。

関連トピックス

関連ニュース

「ニュース」のランキング