産経ニュース

【豊田氏「暴行」報道】事務所が大筋で報道認める 「本人が人間できていないから…」 議員辞職の可能性も

ニュース 政治

記事詳細

更新

【豊田氏「暴行」報道】
事務所が大筋で報道認める 「本人が人間できていないから…」 議員辞職の可能性も

豊田真由子氏 豊田真由子氏

 自民党の豊田真由子衆院議員(42、埼玉4区、当選2回)が元政策秘書の男性(55)に、暴言、暴行をはたらいていたと22日発売の「週刊新潮」が報じたことを受け、豊田氏の事務所は22日、報道陣の取材に応じ、週刊誌の内容を大筋で認めた。事務所は豊田氏が議員辞職する可能性についても言及した。事務所の元事務局長とのやり取りは次の通り。

              

--今後の対応は

「おわびをして、相手が精神的に傷ついたのを癒やすことに徹します」

--報道内容の事実関係は

「事実じゃないですか。多少のずれは別にして、幹はあっている」

--元秘書のけがは報道の通りなのか

「診断書に全治何日というのは入っていない。心の傷の方が多いんじゃないですか。女性がやって傷つかないでしょ。そんなこといえないけど」

--元秘書とやり取りしているのか

「しています。謝罪を」

--豊田氏本人からか

「もちろん。何回も。こちらが悪いわけだから」

--今後はどう対応するのか

「難しい質問しますね。相手が許してくれるまでこちらが誠意を示すしかない」

続きを読む

「ニュース」のランキング