産経ニュース

【豊洲問題】小池節、切れ味なし 「最終決定するのは都議会」 質疑応答わずか5分で打ち切り

ニュース 政治

記事詳細

更新

【豊洲問題】
小池節、切れ味なし 「最終決定するのは都議会」 質疑応答わずか5分で打ち切り

築地市場の豊洲移転問題で会見する小池百合子都知事。記者の質疑を打ち切り会場を後にした=20日午後、都庁(桐原正道撮影) 築地市場の豊洲移転問題で会見する小池百合子都知事。記者の質疑を打ち切り会場を後にした=20日午後、都庁(桐原正道撮影)

 市場移転問題について豊洲への移転と築地再開発の方針を表明した東京都の小池百合子知事。この日の会見時間32分のうち質疑応答はわずか5分足らず。工程や財源については、明らかにしなかった。「最終的に決定するのは都議会」とも述べるなど、曖昧な説明に終始した。

 「将来への責任、後世へのツケに真正面から応えられる計画がなかった。市場のあり方を総点検したおかげで、さまざまな選択肢が出てきた」。20日午後3時半から東京都庁で始まった会見の冒頭、小池氏はまずこう語った。

 この後、豊洲への移転と築地再開発という「両立プラン」を示した小池氏。詰めかけた多くの報道陣からは「移転後、市場機能を築地に戻して市場が2つということになるのか」「追加される税金はいくらになるのか」など具体的な説明を求める質問が相次いだ。

 市場機能の将来像について小池氏は「豊洲は新たな中央卸売市場としての機能を優先させるが、築地も転換期にあるので市場機能を確保できる方策を見いだしていきたい」と、あくまで「両立」の回答。記者から「市場機能の一部が築地に復帰するということなのか」と追及されると「いろいろな選択肢があるかと思う」と明言を避けた。

続きを読む

「ニュース」のランキング