産経ニュース

【豊洲問題】工程・財源…具体案示されず 課題は山積

ニュース 政治

記事詳細

更新

【豊洲問題】
工程・財源…具体案示されず 課題は山積

築地市場の豊洲移転問題で会見する小池百合子都知事=20日午後、都庁(桐原正道撮影) 築地市場の豊洲移転問題で会見する小池百合子都知事=20日午後、都庁(桐原正道撮影)

業者どこまで戻る?

 小池氏は移転反対の声が強かった水産仲卸業者が戻ることを見込み、新たな築地の姿として「仲卸の目利きを生かしたセリ・市場内取引を確保・発展」を提唱する。だが、業界内では「卸、仲卸など業者が一体となって市場機能を高めてきた」との意見が強い。小池氏は支援策を設けるとするものの、再度の引っ越しは業者にとって負担にもなり、どこまで業者が築地に集まるかは不透明だ。小池氏は「それはまさしく業者の方々の経営方針、判断によるものと思う」と話す。

 財源も課題だ。築地跡地を売却し、豊洲の事業費に充てるという従来の都の計画に対して「都民の財産の処分、税金を投入するということはあってはならない」と批判。ただ都の試算では、売らずに民間に貸し出す場合、豊洲市場整備に使った企業債(借金)返済で資金ショートすることを防ぐためには企業債の借り換えだけでなく、経営改善策や資金繰り対策が必要になるとした。

 この課題については「さまざまな方法を考え、ベストなワイズスペンディング(賢い支出)でいきたいと思う」と述べるにとどめた。

続きを読む

「ニュース」のランキング