産経ニュース

【WEB編集委員のつぶやき】辻元清美氏の言いぶりは、30年前も現在も聞くに堪えない! 「選良」と思えぬ野党議員の振る舞い

ニュース 政治

記事詳細

更新

【WEB編集委員のつぶやき】
辻元清美氏の言いぶりは、30年前も現在も聞くに堪えない! 「選良」と思えぬ野党議員の振る舞い

発言する民進党の辻元清美氏(斎藤良雄撮影) 発言する民進党の辻元清美氏(斎藤良雄撮影)

 おなじみ民進党の菅直人元首相は加計学園問題をめぐり、「安倍総理は裸の王様」「政権の秘密警察化を阻止しなくてはならない」-と地元(衆院東京18区)向けに製作したビラを配布、各選挙区での利用を呼びかけた。

 菅氏自ら「ちょっとどぎつい」と評する内容で、安倍首相が加計問題で嘘をついており「国民を蔑視している」と批判。菅義偉官房長官に関しても、官邸に集まる情報を利用して「政敵」の前川喜平・前文部科学事務次官への個人攻撃を繰り返していると非難した。 そのうえで自民党を東京都議選で大敗させるべきだと呼びかけているという。

 「国民蔑視」は根拠が不明で、「裸の王様」はご自身も散々呼ばれていたと記憶する。

 5日の参院決算委員会では、民進党の平山佐知子参院議員が、首相の獣医学部新設計画への関与をただしたが、笑止千万だった。

 首相が「私が関与した証拠を見せてほしい」と問うと、平山氏は「友人が学部を新設したいなら、そうなればいいなと私なら思う」と応じ、首相に「そうしたいなということを前提に質問されても困るんですよ…」と一蹴された。

 根拠は自身の「願望」でしかなく、聞いてるこちらが恥ずかしくなった。

続きを読む

「ニュース」のランキング