産経ニュース

民進など4野党、「安倍政権下の憲法9条改正反対」で一致 次期衆院選の候補者調整「一致したところから順次発表」

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進など4野党、「安倍政権下の憲法9条改正反対」で一致 次期衆院選の候補者調整「一致したところから順次発表」

野党党首会談に臨む民進党の蓮舫代表(中央)ら=8日午前、国会内(斎藤良雄撮影) 野党党首会談に臨む民進党の蓮舫代表(中央)ら=8日午前、国会内(斎藤良雄撮影)

 民進、共産、自由、社民の4野党は8日午前、国会内で党首会談を開き、安倍晋三政権下での憲法9条改正に反対する方針を確認した。さらに次期衆院選の選挙協力について、4野党が協力して候補者調整を行い、「一致したところを順次発表する」ことも決めた。

 4野党は昨年の参院選で「安倍政権下の改憲反対」を共通公約に掲げている。民進党の蓮舫代表は会談後記者団に「(首相は)国会で答弁しないので、憲法9条を改悪したいのか確認もできない。われわれは9条改悪に反対する立ち位置は共通している」と述べた。

 一方、候補者調整は、4野党が衆院の選挙区で可能な限り統一候補の擁立を目指す内容。共産党の志位和夫委員長は会談で「各党間で相互推薦や相互支援を行い、本気の協力をすべきだ」とも求めた。

 会談では共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を廃案に追い込む方針を確認。内閣不信任決議案の提出を視野に連携することも決めた。

「ニュース」のランキング