産経ニュース

横浜市長選 林文子氏3選出馬表明 自民党市連が推薦

ニュース 政治

記事詳細

更新


横浜市長選 林文子氏3選出馬表明 自民党市連が推薦

横浜市議会本会議で3選出馬を表明した林文子市長=6日、市役所 横浜市議会本会議で3選出馬を表明した林文子市長=6日、市役所

 7月30日投開票の横浜市長選に関し、林文子市長(71)は6日の市議会本会議で「横浜を大きく発展させていきたい。来る市長選に強い決意をもって臨んでまいりたい」と3選出馬を正式に表明した。無所属での出馬だが、自民党市連からの推薦を受けた。

 同日の会見では「熟慮を重ねてきたが、市民の会の強い要請もあり、決意した」と強調。「まずは暮らしの安全・防災対策をしっかり積み上げ、子供やお年寄りのケア、日本一女性が輝く都市への取り組み、さらなる観光振興をもっと皆さんとやりたいというのが立候補の動機となった。市政8年の実績を土台にして、新たに強靭(きょうじん)な橋をかけたい」と意欲を示した。

 選挙の争点となるカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致については「ギャンブル依存症対策は考えるべきだが、(誘致を)判断するに至っていない」と話すにとどめた。具体的な公約は今後作成し公表する。

 会見には、市内の経済界や教育関係者らでつくる「林文子市長の再選をめざす横浜市民の会」の会長である野並直文崎陽軒社長が同席。5月29日に3選出馬を要請した野並氏は「林市政の継続は市民の安心安全、市の発展、暮らしの満足度など、オールナンバーワンを実現すると確信している」と歓迎した。

続きを読む

「ニュース」のランキング