産経ニュース

【安倍首相内外記者会見詳報】テロ等準備罪法案「丁寧に説明し確実な成立を」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安倍首相内外記者会見詳報】
テロ等準備罪法案「丁寧に説明し確実な成立を」

 安倍晋三首相は27日午後(日本時間同日夜)、イタリアでの先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)出席を終え、タオルミナ近郊のホテルで記者会見した。共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」の新設に向けた組織犯罪処罰法改正案について「参院で丁寧な、分かりやすい説明に心がけ、確実な成立を期したい」と意欲を示した。首相発言や報道陣との主なやり取り詳報は以下の通り。

 首相「1年前、G7の首脳たちは日本の伊勢志摩(三重県)に集い、世界の平和と繁栄を牽引していく、その強い決意を確認しました。あれから1年。リーダーたちの顔ぶれは大きく変わりました。私にとって6度目のサミットとなりましたが、今回もこれまで同様、私たちは胸襟を開いて、率直で熱のこもった議論を交わしました」

 「テロとの戦い、世界経済、シリアをはじめ中東情勢、海洋安全保障、ウクライナ情勢など世界のさまざまな課題について、ともに手を携えて行動していく。強い結束を改めて確認することができました。なぜなら私たちG7は、もっとも大切な基本的価値を共有しています。自由、民主主義、人権、法の支配、こうした普遍的な価値を高く掲げ、世界の平和と繁栄をリードする。その確固たる意思をもつ国々が私たちG7であるからであります」

続きを読む

「ニュース」のランキング