産経ニュース

対外純資産最高349兆円、2年ぶり増 日本26年連続で最大債権国 

ニュース 政治

記事詳細

更新


対外純資産最高349兆円、2年ぶり増 日本26年連続で最大債権国 

 財務省は26日、日本の政府や企業、個人投資家が海外に持つ資産から負債を差し引いた平成28年末時点の対外純資産残高が349兆1120億円だったと発表した。27年末に比べて2・9%増え、日本は平成3年から26年連続で世界最大の債権国となった。日本企業による海外企業のM&A(合併・買収)など直接投資が増えたほか、国内投資家の外債投資が拡大した。また、米国向けの直接投資は、日本企業の現地生産などが進み、5・4%増の53兆1842億円となり、過去最大を更新した。

 麻生太郎財務相が同日の閣議で報告した。対外純資産の増加は2年ぶりで、26年末(363兆4090億円)に次ぐ2番目の高水準となった。

 対外資産残高は5・0%増の997兆7710億円で8年連続増加。機関投資家による証券投資が増え、保有する外国証券の価格が上昇したことなどが寄与した。対外負債残高は6.2%増の648兆6580億円と7年連続で増加。海外投資家による日本の株や債権の取得額が増えた。

 日本に次いで対外純資産額が多かったのは、中国で210兆3027億円。3位はドイツで209兆9234億円だった。

「ニュース」のランキング