産経ニュース

【前文科次官会見詳報(3)】前川喜平氏「私の(事務次官)辞職は誰に恨みを持つものでもなく、地位に恋々ともしていない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【前文科次官会見詳報(3)】
前川喜平氏「私の(事務次官)辞職は誰に恨みを持つものでもなく、地位に恋々ともしていない」

記者会見の途中、弁護士と話す文科省の前川喜平前事務次官(左)=25日午後、東京・霞が関 記者会見の途中、弁護士と話す文科省の前川喜平前事務次官(左)=25日午後、東京・霞が関

 --内閣府が文部科学省に「平成30年4月開学」を通告したよりも早く、愛媛県今治市の担当課は市議会議員に「4月30日だ」と言っている。内閣府と今治市が直接連絡しあっていたと感じたか

 前川氏「私は内閣府と今治市の交渉の経緯は全く承知はしてない。内閣府から言われたことだけしか私は承知しておりません」

 --頭越しにやられたことを今はどう思うか

 前川氏「いずれにしても、文科省で設置認可の審査をしない限りは大学はできませんので、あらかじめいついつに大学をつくるということは、本当は言えないはずなんですよ。

 審査の結果、これは落ちてしまっているということもあり得ることですから、許認可なしに勝手にできることであれば、できることかもしれませんし、国が自らやることであれば、いつまでにやるということはいえるかもしれませんが、民間が行い、国が許認可を行う事業ですから本来、いついつまでに必ずやりますということはできない類いの問題だと思っている」

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング