産経ニュース

【加計学園】前川喜平前文科次官は「第2の籠池」?! 登場にわきたつ野党

ニュース 政治

記事詳細

更新

【加計学園】
前川喜平前文科次官は「第2の籠池」?! 登場にわきたつ野党

会見に臨む前文部科学事務次官の前川喜平氏=25日午後、東京都千代田区(福島範和撮影)  会見に臨む前文部科学事務次官の前川喜平氏=25日午後、東京都千代田区(福島範和撮影) 

 前川喜平・前文部科学事務次官は25日の記者会見で、「総理のご意向」などとする文書を「本物だ」と爆弾発言した。政権への攻撃材料を自ら提供する構図は、森友学園の籠池泰典前理事長のケースとも重なる。民進など4野党は、前川氏を国会招致する構えで「第2の籠池氏」のように国会戦術へ生かす構えだ。

 「私の後輩たちやお世話になった大臣、副大臣といった政務三役の方々にご迷惑をおかけするかもしれず、大変申し訳ない」

 前川氏は会見で、自らの暴露会見で古巣に迷惑がかかると謝罪した。しかし、学校法人「加計学園」(岡山市)の大学獣医学部新設計画をめぐる問題の経緯はよどみなく語り、政権との対決姿勢を鮮明にした。

 25日の民進党「加計学園疑惑調査チーム」会合は盛り上がりをみせた。

 「前の事務次官がハラを決めているんだ。調査したらいかがですか」

 福山哲郎幹事長代理はこう語気を強め、出席した文科省の官僚に対し、記録文書に関する調査を求めた。

 蓮舫代表も記者会見で「『行政がゆがめられている』という言葉の重みに共鳴した。時の権力者と前事務方のトップのどちらかが嘘をついている」とたたみかけた。

 民進党など野党は、組織犯罪処罰法改正案の衆院通過を許し手詰まり感が漂う中だけに、加計問題を終盤国会最大の攻撃材料に据える構えだ。同時に、文科省の天下り問題に関与して責任を問われた前川氏を“応援”することになる。

 日本維新の会の遠藤敬国対委員長は記者会見で「なぜこのタイミングで会見したのか腑(ふ)に落ちない」と首をかしげた。(松本学)

関連トピックス

関連ニュース

「ニュース」のランキング