産経ニュース

【前文科次官会見詳報(1)】前川喜平氏「文科省専門教育課で作成され、幹部で共有された文書。真正なものだ」 加計学園をめぐる文書で

ニュース 政治

記事詳細

更新

【前文科次官会見詳報(1)】
前川喜平氏「文科省専門教育課で作成され、幹部で共有された文書。真正なものだ」 加計学園をめぐる文書で

会見に臨む前文部科学事務次官の前川喜平氏(左)=25日午後、東京都千代田区(福島範和撮影)  会見に臨む前文部科学事務次官の前川喜平氏(左)=25日午後、東京都千代田区(福島範和撮影) 

 学校法人「加計学園」(岡山市)問題をめぐり、前川喜平前文部科学事務次官が25日、東京都内で記者会見し、獣医学部新設のための国家戦略特区指定をめぐって民進党が示した「総理のご意向」などと記された記録文書について「確実に存在している」と説明した。記者会見の詳細は次の通り。

 

 愛媛県今治市における国家戦略特区において、新しい獣医学部の新設を規制改革のもとで認めるべきだと、これが昨年来、一つの大きな行政の課題になっていた。私はその経緯の中で、文部科学省の事務方の責任者として経緯に関わっていた。

 その間の行政のあり方については、私はその当事者の立場の中で非常に疑問を感じながら仕事をしていたということを申し上げざるを得ない。今般、国会でその間の経緯を示す文書が議論され、野党からその存在について政府に対し問いただすということが行われ、また文科省において、その文書、8枚の文書について本物であるかどうか、真正なものかどうか、存在するかどうかについて、文科省の中で調査が行われたと聞いているが、その結果、これらの文書については確認できなかったという結論になったと聞いている。

 私は大変残念な思いを抱いた。これらの文書は私が実際に在職中に共有していた文書なので、これは確実に存在していたわけであります。そのことについてまず申し上げたい。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング