産経ニュース

「がん患者働かなくていい」発言の自民・大西英男衆院議員、謝罪しながら「患者の努力を傷つける発言なかった」 すっきりしない記者団とのやりとり詳報

ニュース 政治

記事詳細

更新


「がん患者働かなくていい」発言の自民・大西英男衆院議員、謝罪しながら「患者の努力を傷つける発言なかった」 すっきりしない記者団とのやりとり詳報

記者の質問に答える自民党の大西英男衆院議員=22日午後、東京・永田町の党本部 記者の質問に答える自民党の大西英男衆院議員=22日午後、東京・永田町の党本部

 自民党の大西英男衆院議員(東京16区、当選2回)が22日、党本部で記者団に対し、受動喫煙防止策を議論した15日の厚生労働部会で「(がん患者は)働かなくていい」と発言したとの指摘を受け、がん患者らを「傷つけた」として謝罪した。ただ、「働かなくていい」と発言したか否かを認めなかった上、「がん患者の努力を傷つけるような発言はなかった」とも主張した。大西氏と記者団の主なやり取りは次の通り。

「私の5月15日の厚生労働部会での発言につきまして、ご説明を申し上げます。正確を期するために、メモを読みながらお話をさせていただきたいと思います。まず、私の発言で、がん患者や元がん患者の皆さまのお気持ちを傷つけたことを深くおわび申し上げます。私は、喫煙所を置けない小規模零細飲食店の廃業や倒産を懸念することから、喫煙の表示を厳格化することで、限定的に小規模飲食店に喫煙を認めてもいいではないかという考え方です。今回の発言は、飲食店における従業員の方の受動喫煙の議論をする中で、『働かなくていいのではないか』との趣旨で発言をしたとふうに捉えられておりますけども、それはあくまで、ごくごく少数の喫煙可能の店でのことについてであります」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「がん患者働かなくていい」発言の自民・大西英男衆院議員、謝罪しながら「患者の努力を傷つける発言なかった」 すっきりしない記者団とのやりとり詳報
  • 「がん患者働かなくていい」発言の自民・大西英男衆院議員、謝罪しながら「患者の努力を傷つける発言なかった」 すっきりしない記者団とのやりとり詳報
  • 「がん患者働かなくていい」発言の自民・大西英男衆院議員、謝罪しながら「患者の努力を傷つける発言なかった」 すっきりしない記者団とのやりとり詳報
  • 「がん患者働かなくていい」発言の自民・大西英男衆院議員、謝罪しながら「患者の努力を傷つける発言なかった」 すっきりしない記者団とのやりとり詳報

「ニュース」のランキング