産経ニュース

【憲法改正】安倍晋三首相、中曽根康弘元首相の「白寿」祝う会で改憲に意欲

ニュース 政治

記事詳細

更新

【憲法改正】
安倍晋三首相、中曽根康弘元首相の「白寿」祝う会で改憲に意欲

「中曽根康弘先生の白寿を祝う会」でお祝いのスピーチをする安倍晋三首相=15日午後、東京都千代田区永田町(宮川浩和撮影) 「中曽根康弘先生の白寿を祝う会」でお祝いのスピーチをする安倍晋三首相=15日午後、東京都千代田区永田町(宮川浩和撮影)

 今月27日に99歳となる中曽根康弘元首相の「白寿」を祝う会が15日、都内のホテルで開かれ、安倍晋三首相も出席した。首相は中曽根氏らの著書「国民憲法制定への道」(文芸春秋企画出版部、24日発売)を紹介し、「党是ともいうべき憲法改正について中曽根氏に大先輩として考え方を示していただいた。今後、国民的な議論が深まっていくことを大いに期待したい」と強調した。

 首相は改憲の意向を表明した3日付の読売新聞のインタビュー記事を引き合いに「国会で『読売新聞を熟読しろ』と言って怒られたが、著書はしっかりと熟読させていただく」と笑いを誘った。

 中曽根氏は「理想と理念を体現した憲法のもとに民族の力を結集し、世界に向かってこの国の未来を切り開くべきだ」と述べた。会合には渡辺恒雄読売新聞グループ本社主筆や麻生太郎副総理、福田康夫元首相らも駆け付けた。

「ニュース」のランキング