産経ニュース

民進・蓮舫執行部への遠心力拡大 長島昭久氏、民共連携に反発し離党決断 細野氏も独自改憲私案

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進・蓮舫執行部への遠心力拡大 長島昭久氏、民共連携に反発し離党決断 細野氏も独自改憲私案

離党会見を終え、退席する民進党の長島昭久元防衛副大臣=10日午前、東京・永田町の衆院第一議員会館(斎藤良雄撮影) 離党会見を終え、退席する民進党の長島昭久元防衛副大臣=10日午前、東京・永田町の衆院第一議員会館(斎藤良雄撮影)

 民進党の蓮舫執行部が揺れている。長島昭久元防衛副大臣が共産党との共闘路線を批判して離党を決断。執行部の一員でもある細野豪志代表代行は教育無償化などを柱にした憲法改正私案を公表し、蓮舫代表との違いを鮮明にした。7月2日投開票の東京都議選を前に蓮舫体制を揺るがす動きが相次いだ格好で、さらに遠心力が強まれば党の崩壊につながりかねない。

 「居場所がなくなった」

 長島氏は10日、国会内で民進党の野田佳彦幹事長と面会し、離党届をテーブルに置いてこう語り始めた。

 野田氏は「(民共共闘は)前執行部からの方針で、なぜ離党が今なんだ」と反論。今後、長島氏が前回出馬した衆院東京21区に対抗馬を立てる可能性にも言及したが、長島氏は「申し訳ない」と頭を下げたまま、部屋を立ち去った。

 長島氏が離党を本格的に検討し始めたのは、平成27年の安全保障関連法をめぐる国会審議がきっかけだ。

 10日の記者会見では「国家の基本である外交・安全保障政策で、私の目指すリアリズムと共産党の路線は重ならない」と強調。「『安保法制廃案』という、現実的とは思えない一点で折り合いを付けようとしても、政権を担った途端、たちまち破綻することは火を見るよりも明らかだ」と断じた。

続きを読む

「ニュース」のランキング