産経ニュース

【東京都議選】民進の長島昭久都連幹事長が辞表 離党ドミノが背景

ニュース 政治

記事詳細

更新

【東京都議選】
民進の長島昭久都連幹事長が辞表 離党ドミノが背景

民進党の長島昭久氏(斎藤良雄撮影) 民進党の長島昭久氏(斎藤良雄撮影)

 東京都議選(7月2日投開票)を巡り、民進党の長島昭久都連幹事長(元防衛副大臣)が党都連に辞表届を出したことが分かった。都連執行部は受理しておらず、慰留するとみられる。関係者が7日明らかにした。党勢低迷から「離党ドミノ」に歯止めがかからなくなっていることが背景。

 長島氏が正式に辞表届を提出したのは6日。関係者は「都議選の公認予定者だった昭島市議が離党届を提出したことに対し、責任を取るためだ」と説明している。市議は長島氏の元秘書だった。

 民進党は36人の公認予定者のうち、元秘書を含めて7人が離党届を提出。このうち4人は小池百合子都知事が事実上、率いる地域政党「都民ファーストの会」の公認候補に決まっている。

関連ニュース

「ニュース」のランキング