産経ニュース

【森友学園問題】自民・西村康稔総裁特別補佐らが記者会見「籠池氏、虚偽の疑い」 偽証罪で告発も視野 

ニュース 政治

記事詳細

更新

【森友学園問題】
自民・西村康稔総裁特別補佐らが記者会見「籠池氏、虚偽の疑い」 偽証罪で告発も視野 

自民党の西村康稔総裁特別補佐らが記者会見で配布した資料。筆跡鑑定で払込取扱票の振込人と、受領証の振込人の記載は同一人物によるものと推定されるとし、籠池証言に疑問を呈した 自民党の西村康稔総裁特別補佐らが記者会見で配布した資料。筆跡鑑定で払込取扱票の振込人と、受領証の振込人の記載は同一人物によるものと推定されるとし、籠池証言に疑問を呈した

 学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地払い下げ問題で、自民党の西村康稔総裁特別補佐は28日、党本部で記者会見し、衆参両院で証人喚問を受けた学園の籠池泰典氏による複数の発言に虚偽の疑いが濃厚だとして「国政調査権の発動も必要だ。精査を進めたい」と述べた。その上で、議院証言法に基づく偽証罪での告発について「偽証が確定すれば考えたい」と前向きな考えを示した。

 記者会見には、23日の証人喚問で籠池氏に質問した葉梨康弘衆院議員、西田昌司参院議員が同席した。

 西村氏は、籠池氏が安倍晋三首相の昭恵夫人から寄付金100万円を受け取ったという主張の傍証とした、郵便局の振込用紙(振替払込請求書兼受領証)の筆跡について問題視。籠池氏は、学園の職員が振込人欄に「安倍晋三」と書き、郵便局に持参したなどと主張していた。

 これに対し、西村氏は党が行った筆跡鑑定で「安倍晋三」の文字は、籠池氏の妻・諄子氏が書いたとされる文字と「同一との所感を得ている」と述べ、「郵便局にいたのは籠池夫人ではないか」と疑問を呈した。

 籠池氏は、首相の了承なしに「安倍晋三記念小学校」名を使った寄付金集めについて「ほんの一時、1、2日だけ」「5カ月ぐらい」と証言を二転三転させた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 自民・西村康稔総裁特別補佐らが記者会見「籠池氏、虚偽の疑い」 偽証罪で告発も視野 
  • 自民・西村康稔総裁特別補佐らが記者会見「籠池氏、虚偽の疑い」 偽証罪で告発も視野 
  • 自民・西村康稔総裁特別補佐らが記者会見「籠池氏、虚偽の疑い」 偽証罪で告発も視野 

関連ニュース

「ニュース」のランキング