産経ニュース

【森友学園問題】自民党籠池氏虚偽暴露会見詳報(2)西村康稔総裁特別補佐「偽証が確定すれば、告発も含めて考えたい」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【森友学園問題】
自民党籠池氏虚偽暴露会見詳報(2)西村康稔総裁特別補佐「偽証が確定すれば、告発も含めて考えたい」

自民党の西村康稔筆頭副幹事長らが記者会見で配布した資料。学校法人「森友学園」が寄付金集めに使っていたとされる払込取扱票。通信欄に「安倍晋三記念小学校」の文字が記載されている 自民党の西村康稔筆頭副幹事長らが記者会見で配布した資料。学校法人「森友学園」が寄付金集めに使っていたとされる払込取扱票。通信欄に「安倍晋三記念小学校」の文字が記載されている

 西田昌司参院議員「国政調査権もあるが、先ほど言ったように、本来、これは大阪で始まった、大阪の許認可にかかるところが一番大きな問題だ。だから、ぜひこれは、予算委員会の場で、これから後半、さまざまな重要法案があるので、ぜひ一番の発生した元である大阪で百条委員会を開いて調べていただくのが、私は一番、適当だと思う」

 --国会での偽証だけでなく、(寄付をした人が)詐欺行為の被害者ではないかという説明もあった。詐欺容疑での告発も考えるか

 葉梨康弘衆院議員「基本的に詐欺罪というのは親告罪ではないので、告訴、告発がなくても捜査することができる。それは司法の判断もあろうかと思うので、事件の関係ということになると、ちょっとこちらとして、党の枠を超えてしまう」

 --国政調査権の発動および、今日の会見について。首相、幹事長、官房長官と事前に相談したり、指示を受けたことはないか

 西村氏「当然、党として進めているので、さまざまな、随所随所で相談しながら進めているところだ。特に首相や夫人は、ご自身の名誉にも関わることなので、事実関係、これは私も随時、確認をしながら進めている」

 --直接、話をしながら

 西村氏「はい。事実関係については、私は首相と何度も確認をしている」

このニュースの写真

  • 自民党籠池氏虚偽暴露会見詳報(2)西村康稔総裁特別補佐「偽証が確定すれば、告発も含めて考えたい」
  • 自民党籠池氏虚偽暴露会見詳報(2)西村康稔総裁特別補佐「偽証が確定すれば、告発も含めて考えたい」

関連ニュース

「ニュース」のランキング