産経ニュース

陸自、離島奪還拠点に新部隊 水陸機動団員を教育

ニュース 政治

記事詳細

更新


陸自、離島奪還拠点に新部隊 水陸機動団員を教育

 陸上自衛隊は27日、離島奪還作戦を担う「水陸機動団」を平成29年度末に新設する相浦駐屯地(長崎県佐世保市)で、機動団に配属する隊員らを教育する部隊の発足式を行う。

 水陸機動団は、中国の海洋進出を背景に、鹿児島県から沖縄県にまたがる南西諸島への攻撃に備える部隊。今回発足した教育部隊は、米軍も採用し、海上を船のように航行することもできる水陸両用車「AAV7」の操縦方法や、島に潜入するための手法といった実戦的な技術を指導する。

 陸自は27年に、機動団の装備や人員を整えるための準備部隊を、同駐屯地に設置済み。27日に部隊を改編し、機動団の創設に向けた準備を加速させる。

 政府は機動団を運ぶ手段として、新型輸送機オスプレイを18年度から順次調達した後、佐賀空港(佐賀市)に配備する計画を立てている。

「ニュース」のランキング