産経ニュース

維新、橋下徹氏「国政待望論」のワケは…ポスト安倍で5位、でも本人は嫌気?

ニュース 政治

記事詳細

更新


維新、橋下徹氏「国政待望論」のワケは…ポスト安倍で5位、でも本人は嫌気?

  橋下徹氏   橋下徹氏

 日本維新の会が正念場に立たされている。東京進出の足がかりと位置づける都議選(7月2日投開票)では、苦戦が必至の情勢。次期衆院選への待望論がくすぶる橋下徹前大阪市長(党法律政策顧問)も、政界復帰の動きをみせないからだ。ただ安倍晋三首相の周囲では、そんな橋下氏に国政進出への期待が高まっている。なぜか-。(松本学)

厳しい都議選…候補絞り背水の陣

 「今年は都議選が一番の大きな選挙になる!」

 維新の松井一郎代表(大阪府知事)は25日の党大会でこう強調した。

 党本部のある大阪市ではなく東京での大会開催は、旧日本維新の会や維新の党時代を含め異例のことだ。都議選の公約発表や立候補予定者の決意表明も行われ、さながら「決起集会」の様相を見せた。

 これは、強い危機感の裏返しにほかならない。都議選の実動部隊となる地方議員が圧倒的に少ないことに加え、小池百合子都知事が事実上率いる「都民ファーストの会」と自民党の対立構図に注目が集まれば、維新の埋没は避けられない。

続きを読む

「ニュース」のランキング