産経ニュース

【籠池泰典氏証人喚問】昭恵夫人付き職員から籠池氏へのファクス回答要旨 「現状ではご希望に沿うことはできないようでございます」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【籠池泰典氏証人喚問】
昭恵夫人付き職員から籠池氏へのファクス回答要旨 「現状ではご希望に沿うことはできないようでございます」

衆院予算委の証人喚問で、安倍昭恵首相夫人付きの職員から受け取ったファクスを紹介する籠池泰典氏=23日午後 衆院予算委の証人喚問で、安倍昭恵首相夫人付きの職員から受け取ったファクスを紹介する籠池泰典氏=23日午後

 1)10年の定借の是非

 通常、国有地の定借は3年を目安にしているが、今回は内容を考慮し、10年と比較的長期に設定したもの。他の案件と照らし合わせても、これ以上の長期定借は難しい状況。

 2)50年定借への変更の可能性

 政府としては国家財政状況の改善をめざす観点から、遊休国有地は即時売却を主流とし、長期定借の設定や資料の優遇については縮小せざるをえない状況。介護施設を運営する社会福祉法人への優遇措置は、待機老人が社会問題化している現状において、政府として特例的に実施しているもので、対象を学校等に拡大することは現在検討されていない。

 3)土壌汚染や埋設物の撤去期間に関する資料の扱い

 平成27年5月29日付 EW第38号「国有財産有償貸付合意書」第5条に基づき、土壌汚染の存在期間中も賃料が発生することは契約書上で了承済みとなっている。撤去に要した費用は、第6条に基づいて買受の際に考慮される。

 4)工事費の立て替え払いの予算化について

 一般には工事終了時に清算払いが基本であるが、学校法人森友学園と国土交通省航空局との調整にあたり、「予算措置がつき次第返金する」旨の了解であったと承知している。平成27年度の予算での措置ができなかったため、平成28年度での予算措置を行う方向で調整中。 

このニュースの写真

  • 昭恵夫人付き職員から籠池氏へのファクス回答要旨 「現状ではご希望に沿うことはできないようでございます」
  • 昭恵夫人付き職員から籠池氏へのファクス回答要旨 「現状ではご希望に沿うことはできないようでございます」

「ニュース」のランキング