産経ニュース

【日伊首脳会談】G7サミットで「保護主義に対抗」のメッセージ発表で合意

ニュース 政治

記事詳細

更新

【日伊首脳会談】
G7サミットで「保護主義に対抗」のメッセージ発表で合意

会談後の共同記者発表を終え、イタリアのパオロ・ジェンティローニ首相(右)と握手する安倍晋三首相=21日、ローマの首相府(共同) 会談後の共同記者発表を終え、イタリアのパオロ・ジェンティローニ首相(右)と握手する安倍晋三首相=21日、ローマの首相府(共同)

 【ローマ=石鍋圭】安倍晋三首相は21日夕(日本時間22日未明)、イタリア・ローマの首相府で、ジェンティローニ首相と初の首脳会談を行った。両首脳は5月にイタリアで開かれる主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)で、「いかなる保護主義にも対抗する」とのメッセージを発表する方針で合意した。サミット成功に向け、緊密に連携していくことも確認した。両首脳はまた、防衛装備品・技術移転に関する協定の交渉開始でも一致した。

 安倍首相は会談後の共同記者発表で、ジェンティローニ氏が今年のサミットの議長を務めることに触れ「昨年の(伊勢志摩サミットの)議長としてサミットの成功に向けて全力で協力していく」と表明。「保護主義や内向き傾向が強まる中、自由で開かれたルールに基づく国際秩序の牽引役としてG7の役割はますます重要になっている」と指摘した。

 ジェンティローニ氏は「日本の経験を受け継いで議論を深めたい」と語った。両首脳は今年のサミットで、世界経済や北朝鮮問題をはじめとする地域情勢、アフリカにおける食の安全保障などの課題を取り上げる方針も確認した。

 安全保障分野では、中国や北朝鮮を念頭に「力による現状変更の試みは国際秩序への挑戦だ」との認識を共有し、日伊両国の防衛協力を強化する方針で一致した。

 安倍首相は欧州4カ国訪問の全日程を終え、ローマ郊外の空港を政府専用機で出発。22日夕に羽田空港に帰国する。

このニュースの写真

  • G7サミットで「保護主義に対抗」のメッセージ発表で合意
  • G7サミットで「保護主義に対抗」のメッセージ発表で合意
  • G7サミットで「保護主義に対抗」のメッセージ発表で合意
  • G7サミットで「保護主義に対抗」のメッセージ発表で合意
  • G7サミットで「保護主義に対抗」のメッセージ発表で合意

「ニュース」のランキング