産経ニュース

【北ミサイル】「生ぬるい」と戦争経験者 秋田のミサイル避難訓練 核弾頭搭載なら被害は…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【北ミサイル】
「生ぬるい」と戦争経験者 秋田のミサイル避難訓練 核弾頭搭載なら被害は…

弾道ミサイルの発射を想定して行われた避難訓練で、サイレンを聞いて体育館に避難する児童たち=17日午前、秋田県男鹿市北浦表町の北陽小学校(藤沢志穂子撮影) 弾道ミサイルの発射を想定して行われた避難訓練で、サイレンを聞いて体育館に避難する児童たち=17日午前、秋田県男鹿市北浦表町の北陽小学校(藤沢志穂子撮影)

 訓練に参加した元教員の石垣礼之輔さん(89)は「戦争中は焼夷(しょうい)弾が落ちてくる中、防空頭巾をかぶって逃げた。その頃に比べれば訓練としてはぬるい方かもしれない。でも、やらないよりはいい」と、空襲体験を基に意義を語った。

 鷲野文子さん(74)は、北朝鮮のミサイルについて「普段から心がけてはいる。実際の訓練ができて勉強になった」と話した。

 秋田県出身の菅義偉官房長官は同日の記者会見で「発射情報が伝達された場合の対処について、国民の理解を進める必要がある。今回の訓練は極めて重要だ」と述べた。

 訓練終了後に記者会見した内閣官房の小谷敦・内閣参事官は「堅牢な建物に入れば、熱や熱風、破片からは身を守れる。今回の訓練は情報伝達を含め一番うまくいったケース。きわめて意味のある訓練だった。何かあったらどう身を守るかを、国民に考えてほしい。まだそうした情報は行き届いていない」と話した。

 今後、都市部での訓練実施を検討し、自治体へ協力を呼びかけていくというが、核開発など北朝鮮の動向を見ると待ったなしの状況だ。(藤沢志穂子)

このニュースの写真

  • 「生ぬるい」と戦争経験者 秋田のミサイル避難訓練 核弾頭搭載なら被害は…
  • 「生ぬるい」と戦争経験者 秋田のミサイル避難訓練 核弾頭搭載なら被害は…

「ニュース」のランキング