産経ニュース

【サウジ国王来日】日・サウジが「ビジョン2030」で合意 中東市場開拓へ規制緩和促す 脱石油依存を後押し

ニュース 政治

記事詳細

更新

【サウジ国王来日】
日・サウジが「ビジョン2030」で合意 中東市場開拓へ規制緩和促す 脱石油依存を後押し

サウジアラビアのサルマン国王と握手する安倍晋三首相=13日午後、首相官邸(納冨康撮影) サウジアラビアのサルマン国王と握手する安倍晋三首相=13日午後、首相官邸(納冨康撮影)

 日本政府は13日、サウジアラビア政府との間で合意した「日・サウジ・ビジョン2030」で、石油依存経済から脱却を目指すサウジの産業多角化を後押しする「水先案内人」を買って出た。最大の原油供給国である同国との関係を深めるとともに、経済特区の創設などを通じて参入規制の緩和も促し、日本企業の中東市場開拓につなげる狙いだ。(田辺裕晶)

 「サウジとの関係を新しいレベルに引き上げ、改革を全力で支えたい」。経済産業省幹部は力を込める。

 同ビジョンでは、サウジの脱石油依存と日本の成長戦略の相乗効果を生み出そうと、同国内の産業競争力強化やインフラ整備、エネルギー分野の協力などを含めた31件の官民先行プロジェクトを選定した。

 財政収支の大半を石油関連に依存するサウジでは、国内の産業が育たず、査証(ビザ)の発給遅れやサウジ人の雇用義務付けといった複雑な規制が外国企業の参入を阻んでいる。同ビジョンでは、両国の外務省が査証(ビザ)発給の円滑化を進めることに加え、規制緩和などで企業を誘致する特区の開設を明記した。

 また、日本郵便とサウジ郵便公社(サウジポスト)が越境電子商取引(EC)システムを整備。経産省と東洋紡、JFEエンジニアリングなどがサウジ環境・水・農業省などと提携し、海水の淡水化事業を進めるなど具体策も盛り込んだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日・サウジが「ビジョン2030」で合意 中東市場開拓へ規制緩和促す 脱石油依存を後押し

「ニュース」のランキング