産経ニュース

オスプレイはUFOか 県内上空の通過だけで騒ぐ愚 長野

ニュース 政治

記事詳細

更新


オスプレイはUFOか 県内上空の通過だけで騒ぐ愚 長野

オスプレイの県内飛行を紙幅を割いて伝える信濃毎日新聞10日付朝刊 オスプレイの県内飛行を紙幅を割いて伝える信濃毎日新聞10日付朝刊

 長野県内では、あたかも未確認飛行物体(UFO)を見たか、の如き騒ぎである。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の新型輸送機オスプレイ2機が9日午後3時から4時半ごろにかけ長野、上田両市など東北信地方の上空を飛行し、県民から80件を超える「目撃情報」が県に寄せられたという。

 陸上自衛隊が17日まで米海兵隊と群馬、新潟両県の演習場でオスプレイ6機が参加する共同訓練を行っており、2機は米軍横田基地を離陸して関山演習場(新潟県)に向かっていた。

 県がご丁寧にホームページで目撃情報を募っているのだから「見た、見た」と人々が通報するのはあり得ることだ。しかし行政も民もいささか過剰に反応し過ぎだろう。案の定、一部の県内メディアも「事前通告なしに県内を初飛行」などと“すわ事件だ”と言わんばかりに大きく報じていた。

 日本の安全保障のために自衛隊と米軍が沖縄県だけでなく、国内のいずこで共同訓練を重ねるのは当然のことだ。いつまでも沖縄だけに負担を強いるわけにいかない。オスプレイがどこかの空を移動しなければ訓練は成り立たないし、あまつさえ長野県は今回の共同訓練の舞台ではない。

続きを読む

「ニュース」のランキング