産経ニュース

「長靴業界もうかった」発言の“おんぶ政務官” 務台俊介氏が謝罪「自虐的な話を引き合いに出した」

ニュース 政治

記事詳細

更新


「長靴業界もうかった」発言の“おんぶ政務官” 務台俊介氏が謝罪「自虐的な話を引き合いに出した」

 務台俊介内閣府政務官  務台俊介内閣府政務官

 務台俊介内閣府政務官は9日、昨年9月に岩手県の台風により被害を受けた被災地の視察で、長靴を持参せずに職員に背負われて水たまりを渡った対応に関し「長靴業界はもうかったのでは」と述べたことに対し「不適切だと深く反省している」と謝罪した。都内で記者団に語った。

 務台氏は「一挙手一投足を気をつけていきたいという前段で自虐的な話を引き合いに出した」と釈明した。菅義偉官房長官や松本純防災担当相、今村雅弘復興相から注意を受けた経緯を明らかにした一方、進退については「今の職責を全うしたい」と強調し、辞任を否定した。

 8日に都内で開いた自身の政治資金パーティーで「もうかった」と述べた理由については、「確証があるわけでなく、私の事務所や知り合いの国会議員、役所の出先機関で長靴を確保したと承知している」と説明した。

 務台氏が所属する自民党麻生派の山口俊一副会長は9日の同派の会合で「長靴が売れようと売れまいがどっちでもいいことだが、十分お互いに気をつけて頑張っていきたい」と語った。

 公明党の漆原良夫中央幹事会会長は9日の記者会見で「丁寧に謝らなければいけない問題で笑いを取るというのは、本当に情けない」と強く批判した。

「ニュース」のランキング