産経ニュース

【豊洲問題】石原慎太郎氏、小池百合子都知事に法的措置「検討」 改めて“反撃”

ニュース 政治

記事詳細

更新

【豊洲問題】
石原慎太郎氏、小池百合子都知事に法的措置「検討」 改めて“反撃”

定例会見を行う小池百合子都知事=3日午後、都庁(宮川浩和撮影) 定例会見を行う小池百合子都知事=3日午後、都庁(宮川浩和撮影)

 元東京都知事の石原慎太郎氏(84)は7日、豊洲市場の移転問題に関して3日に開いた記者会見の内容を一部訂正する文書を発表し、元都幹部の前川燿男(あきお)練馬区長(71)を用地買収の交渉役だったと“名指し”したことについて「誤りだった」とした。(サンケイスポーツ)

 石原氏は会見で、東京ガスとの用地買収交渉で前川氏が浜渦武生元副知事の後任として担当し、「契約まで持っていった」と主張。しかし2005年に都を退職した前川氏は11年の契約に関わっておらず、前川氏も石原氏の会見直後に「石原さんの思い違いで、交渉に全く関わっていない。とばっちりです」と全面否定していた。

 一方、石原氏は文書の中で、築地市場からの移転延期を決めた小池百合子都知事(64)について「移転させない不作為について責任がある」と改めて強く批判。「一日も早く移転すべきだ。このまま無策を続けるのであれば法的手続きも検討せざるを得ず、弁護士に準備をしてもらっている」と法的措置の可能性を示した。

 関係者によると、石原氏は東京都議会の調査特別委員会(百条委員会)が20日に実施する証人喚問に出頭する予定だという。

このニュースの写真

  • 石原慎太郎氏、小池百合子都知事に法的措置「検討」 改めて“反撃”

「ニュース」のランキング