産経ニュース

今年度のスクランブル、1000回超えて過去最多に 河野克俊統幕長「中国が非常に活発」

ニュース 政治

記事詳細

更新


今年度のスクランブル、1000回超えて過去最多に 河野克俊統幕長「中国が非常に活発」

F-35と交代で引退する航空自衛隊のF-4ファントムII戦闘機(岡田敏彦撮影) F-35と交代で引退する航空自衛隊のF-4ファントムII戦闘機(岡田敏彦撮影)

 防衛省の河野克俊統合幕僚長は2日の記者会見で、日本領空に接近した外国軍機などに航空自衛隊機が緊急発進(スクランブル)した回数が今年度はすでに計1千回を超え、通年で過去最多を更新したことを明らかにした。これまでは昭和59(1984)年度の計944回が最多だった。背景について河野氏は「中国の活動が非常に活発化し、活動範囲も広がっていることが主な原因だ」と述べた。

 防衛省によると、領空侵犯はなかったが、今年度のスクランブルは統幕が詳細を公表している第3四半期まで(昨年4~12月)で計883回(前年度同期比316回増)に達している。国別では中国が644回で全体の約73%を占め、ロシアの231回が続いた。

 これまで最多だった昭和59年度は米ソ冷戦期で、ソ連機に対するスクランブルが大半を占めた。近年は積極的な海洋進出を背景とした中国機が急増し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の空域に接近する中国機も多いという。元空自幹部は「中国は尖閣の実効支配に向け、領空侵犯を狙っている。増加傾向は続くはずで、日本も数の優位を確保すべきだ」と指摘する。

 通年のスクランブル回数は4月に公表される。今年に入ってからは1月9日に中国空軍のH6爆撃機など計8機が対馬海峡の上空を往復。同月24日にはロシア軍のTU95爆撃機2機が日本を周回飛行するなどし、いずれも空自機がスクランブルを行った。全体の傾向として中国は戦闘機が、ロシアは情報収集機が多い。

このニュースの写真

  • 今年度のスクランブル、1000回超えて過去最多に 河野克俊統幕長「中国が非常に活発」
  • 今年度のスクランブル、1000回超えて過去最多に 河野克俊統幕長「中国が非常に活発」

「ニュース」のランキング