産経ニュース

【日米首脳会談の舞台裏】安倍晋三首相の切り札はやはり「強面の盟友」だった…「俺と安倍が死んだら菅の天下でいいじゃねえか!」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【日米首脳会談の舞台裏】
安倍晋三首相の切り札はやはり「強面の盟友」だった…「俺と安倍が死んだら菅の天下でいいじゃねえか!」

ホワイトハウスで、ペンス米副大統領と談笑する麻生太郎副総理兼財務相(ロイター) ホワイトハウスで、ペンス米副大統領と談笑する麻生太郎副総理兼財務相(ロイター)

 首相の安倍晋三は2月9~13日の訪米で首脳会談やゴルフを通じて米大統領、ドナルド・トランプとの絆を強めた。「揺るがぬ日米同盟」を確認したこともさることながら、副総理兼財務相、麻生太郎と副大統領のペンスという日米ナンバー2の下に貿易や投資に関する「経済対話」の枠組みを設けた意義は大きい。首脳会談の舞台裏で何が起きていたのか-。(文中敬称略)

 ◇  ◇  ◇ 

 「麻生さんもぜひ一緒に訪米しましょう」

 1月28日夜のトランプとの電話会談で訪米が決まった直後、安倍は麻生を誘った。昨年11月の訪米で「トランプとはうまくやっていける」と確信していたが、「トランプは安全保障と経済をごちゃ混ぜにしてディール(取引)しかねない」という懸念はなお残った。安保と経済を同じテーブルに乗せてはならない。そのための切り札が「強面の盟友」である麻生だった。

 2月9日夜、安倍は羽田空港で、麻生、官房副長官の萩生田光一らと政府専用機に乗り込んだ。

 トランプとの初の正式会談とあって随行員は多く、外相の岸田文雄らは予備機に分乗した。

 政府専用機は最前部に皇族や首相らが使用する貴賓室がある。官邸側は首相経験者の麻生には予備機に乗ってもらい、貴賓室をゆっくり使用してもらおうと考え、そう打診した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相の切り札はやはり「強面の盟友」だった…「俺と安倍が死んだら菅の天下でいいじゃねえか!」

「ニュース」のランキング