産経ニュース

【衆院予算委員会】あの足立康史氏が民進党攻撃からの“卒業”を宣言!? しかし、おなじみの芸風はなかなか変わらないようで…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院予算委員会】
あの足立康史氏が民進党攻撃からの“卒業”を宣言!? しかし、おなじみの芸風はなかなか変わらないようで…

足立康史氏=16日午後、国会(斎藤良雄撮影) 足立康史氏=16日午後、国会(斎藤良雄撮影)

 国会論戦で民進党議員を「アホ」と罵倒するなどの言動で物議をかもしている日本維新の会の足立康史衆院議員が23日、衆院予算委員会で質問に立ち、民進党攻撃からの“卒業”を宣言した。

 足立氏は質問の冒頭で「もう民進党のことは放っておこう」と語り、続く言葉でその理由を明かした。

 「なんで放っておこうかっていうとね、(民進党の)支持率も、共産党とどっちが高いが分からないような感じになってきてますんで。むしろ、共産党をちゃんとチェックしたほうがいいんじゃないかなというような議論を(党内で)しているくらいでありますが…」

 共産党を次なるターゲットを据えることを高らかに宣言した足立氏だが、すっかりおなじみになった“芸風”は一朝一夕には変わらない。

 民進党が、大阪府豊中市の国有地が学校法人「森友学園」に売却された問題を論戦の主要テーマにしていることに触れ、「民進党さんはもうネタ切れ。たぶん、他にねぇ、テーマがないんですよ」。さらに、森友学園が安倍晋三政権や維新と深い関係にあるかのような「印象操作」をしているという持論も展開し、「こちらもねぇ、ケンカを売られたらやり返さなあかん」と“足立節”を炸裂させた。

続きを読む

「ニュース」のランキング