産経ニュース

【WEB編集委員のつぶやき】民進党はやっぱりズレている 「ゴルフ批判」蓮舫代表と「スネ夫」野田佳彦幹事長に思う

ニュース 政治

記事詳細

更新

【WEB編集委員のつぶやき】
民進党はやっぱりズレている 「ゴルフ批判」蓮舫代表と「スネ夫」野田佳彦幹事長に思う

参院本会議に臨む民進党の蓮舫代表(斎藤良雄撮影) 参院本会議に臨む民進党の蓮舫代表(斎藤良雄撮影)

 日米首脳会談について、内外から羨望や賞賛が送られる中、民進党の蓮舫代表はゴルフ会談を前に「にこやかにゴルフに興じる日本の首相の姿は誇れるものではない」と批判していた。つくづく外交音痴とみた。

 安倍晋三首相とトランプ米大統領はフロリダのゴルフ場を2カ所はしごし、計27ホールを回った。時間にして約5時間、こんなに長い「会談」が実現できたことは驚異的で、国益に資することに疑問の余地はない。

 安倍首相とトランプ大統領は10日、ワシントンで首脳会談を行い「日米同盟および経済関係を一層強化するための強い決意を確認した」とする共同宣言を出した。

 日米同盟について「揺らぐことのない日米同盟はアジア太平洋地域における平和、繁栄および自由の礎である。核および通常戦力の双方による、あらゆる種類の米国の軍事力を使った日本の防衛に対する米国のコミットメントは揺るぎない。(中略)日米両国は、地域における同盟国およびパートナーとの協力をさらに強化する。両首脳は、法の支配に基づく国際秩序を維持することの重要性を強調した」と明記、まさに「満額回答」と言えよう。

 蓮舫代表は11日、安倍首相とトランプ大統領との「ゴルフ会談」を前に、トランプ氏が新たな大統領令による入国規制を検討していることを踏まえ、「(トランプ氏に)厳しいまなざしが向けられている中、にこやかにゴルフに興じている日本の首相の姿は誇れるものではない」と批判した。

続きを読む

「ニュース」のランキング