産経ニュース

連合が「蓮舫降ろし」を開始 「原発ゼロ前倒し」根回しなしに反発

ニュース 政治

記事詳細

更新


連合が「蓮舫降ろし」を開始 「原発ゼロ前倒し」根回しなしに反発

 連合は、原子力規制委員会の安全審査をクリアした原発について、一定条件下で再稼働を認める立場。民進党が掲げてきた「2030年代原発ゼロ」は、連合と協議を重ねて作った公約だった。連合傘下には電力労連などがあり、連合幹部は「根回しなしに期限を前倒すなんて、とても信頼関係を築けない」と憤る。

 民進党エネルギー環境調査会の16日の会合では、連合関係議員が党執行部に集中砲火を浴びせた。

 「いつから重要な政策を一部の幹部だけで決める政党になったんだ!」

 日立労組出身で原発技術者でもある大畠章宏元国土交通相は、前倒し方針を正面から批判した。一方で、脱原発派からは「さらに高い目標が必要だ」(近藤昭一元環境副大臣)との声が相次ぎ、調査会としての方針はまとまらなかった。

 蓮舫氏と連合との「すきま風」は強まるばかりだ。9日には、神津氏の出身産別である基幹労連の組合員調査で、自民党支持率が民進党支持率を約5ポイント上回ったことが判明した。基幹労連の前身である造船重機労連の元幹部はこう断じる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 連合が「蓮舫降ろし」を開始 「原発ゼロ前倒し」根回しなしに反発
  • 連合が「蓮舫降ろし」を開始 「原発ゼロ前倒し」根回しなしに反発

「ニュース」のランキング