産経ニュース

安倍晋三首相、プレミアムフライデー活用した消費活性化を指示 「土日の需要先食い」大丈夫?

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍晋三首相、プレミアムフライデー活用した消費活性化を指示 「土日の需要先食い」大丈夫?

首相官邸で開かれた経済財政諮問会議。左端はあいさつする安倍首相=15日午後 首相官邸で開かれた経済財政諮問会議。左端はあいさつする安倍首相=15日午後

 安倍晋三首相は15日開かれた政府の経済財政諮問会議で、毎月最終金曜の終業を午後3時とする「プレミアムフライデー」を活用した消費の活性化を指示した。プレミアムフライデーは24日に始まるが、首相は政府職員にも早い時間の終業を促し、旅行や買い物などの消費にあてるよう求めた。低迷する内需の強化に官民挙げて取り組む。

 首相は会議で、プレミアムフライデーを「政府においても、できる限り多くの職員が楽しめるよう工夫する」と述べた。

 民間議員の提言を踏まえたもので、提言では、潜在需要を掘り起こすため「プレミアムフライデーを契機とした消費機会の拡大」が有効と指摘。具体的分野として、国内旅行を挙げた。

 民間議員はこのほか、中長期的な消費意欲の喚起策として、賃上げの継続を通じた可処分所得の拡大なども提言した。

 首相がプレミアムフライデーへの取り組み加速を指示したのは、内需の柱である個人消費が伸びないからだ。ただ、金曜の空いた時間を買い物にあてるだけの単純な発想では、土日の「需要先食い」にとどまりかねない。滞在時間の増加が需要掘り起こしにつながる旅行、観光サービスの活性化が、実効性を高めるカギとなりそうだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング