産経ニュース

麻生派と谷垣グループが合流へ連携強化、幹部会談で一致 麻生・逢沢会談も調整へ

ニュース 政治

記事詳細

更新


麻生派と谷垣グループが合流へ連携強化、幹部会談で一致 麻生・逢沢会談も調整へ

 自民党麻生派の森英介事務総長、谷垣グループの逢沢一郎代表世話人ら双方の幹部が13日夜、都内で会談した。出席者によると、麻生派会長の麻生太郎副総理兼財務相が持論とする自民党内の「2大派閥」による競争が重要との認識で一致。安倍晋三首相の後任となる「ポスト安倍」候補の擁立に向け、将来的な合流を視野に連携を深めることを確認した。

 麻生派側はこの日の会談で、麻生氏と逢沢氏らとの会談を提案し、谷垣グループ側も受け入れた。今後、会談の日程を調整するが、具体的な合流の時期についての言及はなかったという。

 麻生派と谷垣グループは、ともに宏池会(現岸田派)の流れをくんでおり、幹部らが合流に向けた意見交換を重ねている。麻生氏は党内最大派閥の細田派(97人)を念頭に、「2大派閥」の構築に向けて勢力拡大を目指しているが、谷垣グループには麻生派や岸田派との合流に慎重な意見もある。

 会談には、麻生派の山口俊一、鈴木俊一両副会長と松本純国家公安委員長、谷垣グループの棚橋泰文前幹事長代理、中谷元(げん)前防衛相が同席した。

「ニュース」のランキング