産経ニュース

【北ミサイル発射】「日米首脳会談直後に発射、明らかな挑発行為」 菅義偉官房長官会見詳報

ニュース 政治

記事詳細

更新

【北ミサイル発射】
「日米首脳会談直後に発射、明らかな挑発行為」 菅義偉官房長官会見詳報

北朝鮮のミサイル発射を受け、記者会見する菅官房長官=12日午前10時44分、首相官邸 北朝鮮のミサイル発射を受け、記者会見する菅官房長官=12日午前10時44分、首相官邸

 菅義偉官房長官が12日午前に首相官邸で行った、北朝鮮の弾道ミサイル発射に関する2回目の緊急記者会見の詳細は次の通り。

 「北朝鮮は本日7時55分ごろ、北朝鮮西岸から弾道ミサイルを東方向に発射したと判断される。発射された弾道ミサイルは約500キロ飛翔(ひしょう)し、日本海に落下したものと推定される。現在までのところ、航空機や船舶から被害報告の情報は確認されていない」

 「本日10時に国家安全保障会議を開催し、本件について協議を行った。今回の北朝鮮による弾道ミサイルの発射は、国連の安保理(安全保障理事会)決議に明らかに違反するものであり、また航空機や船舶の安全確保の観点から、極めて問題のある行為であり、断じて容認できない。同時に日米首脳会談が行われた直後に発射したことにかんがみても、わが国および地域に対する明らかな挑発行為である。直ちに北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に対して厳重に抗議した」

 「政府としては、日米首脳会談でも確認された通り、北朝鮮に対して核および弾道ミサイル計画を放棄し、さらなる挑発行動を行わないよう強く求めていく。同盟国である米国や韓国をはじめとする関係国と緊密に連携し、北朝鮮に自制を強く求めるとともに、いかなる事態にも対応することができるよう緊張感を持って必要な対応に万全を期していく」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング