産経ニュース

【衆院予算委員会】維新「憲法改正による教育無償化」 自民前向き、公明は難色…今国会での改憲項目絞り込み見通し立たず

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院予算委員会】
維新「憲法改正による教育無償化」 自民前向き、公明は難色…今国会での改憲項目絞り込み見通し立たず

日本維新の会の下地幹郎氏=2日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 日本維新の会の下地幹郎氏=2日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 日本維新の会が主張する「憲法改正による教育無償化」への各党の賛否が鮮明になってきた。安倍晋三首相が国会答弁で「思いは共有している」と秋波を送るなど、政府・自民党は前向きな姿勢を打ち出している。ただ、憲法改正に消極的な公明党は「自維接近」に露骨に不快感を示し、今国会中の改憲項目絞り込みにはなお見通しが立たない。(松本学)

 「御党の考えは分かった。わが党はすでに憲法改正は掲げている。党是といってもいい」

 首相は2日の衆院予算委員会でこう答弁し、憲法改正に関する自民党と維新の親和性の高さを強調した。維新の下地幹郎国会議員団政調会長の質問に答えた。

 今国会での首相答弁は、憲法改正に関する維新へのリップサービスが際立つ。教育無償化を提唱した片山虎之助共同代表や馬場伸幸幹事長に対しては「真摯(しんし)に憲法を議論しようとしていることに敬意を表したい」と重ねてエールを送った。

 自民党の下村博文幹事長代行も1月31日のBSフジ番組で、教育無償化が「憲法改正の発議テーマになる」との見方を示した。

 自民党は、党憲法改正推進本部(本部長・保岡興治元法相)が今月7日、個別の改憲項目に関する勉強会を開くが、絞り込みは進んでいない。それだけに、首相にとって、具体的な改憲項目を掲げ議論に火をつけようとする維新への期待は大きいのだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング