産経ニュース

【東京都議選】地域政党「都民ファーストの会」始動 事実上の“小池新党”旗揚げ 現職と新人の計4人公認

ニュース 政治

記事詳細

更新

【東京都議選】
地域政党「都民ファーストの会」始動 事実上の“小池新党”旗揚げ 現職と新人の計4人公認

「都民ファーストの会」の第1次公認候補として夏の都議選に立候補すると表明した音喜多駿都議(左から3人目)ら都議3人と豊島区議1人(右端)=23日午後、都庁 「都民ファーストの会」の第1次公認候補として夏の都議選に立候補すると表明した音喜多駿都議(左から3人目)ら都議3人と豊島区議1人(右端)=23日午後、都庁

 東京都の小池百合子知事が主宰する政治塾「希望の塾」を運営する政治団体「都民ファーストの会」が23日、地域政党として活動を開始すると発表した。今夏の都議選(定数127)に向けて現職都議3人と新人の計4人も第1次公認。 小池氏は同会公認候補として30~40人規模の都議選候補者擁立を検討、公明・民進各党などの支持勢力と合わせて「過半数を目指す」としており、事実上の“小池新党”旗揚げとなる。小池氏は「都議会に本拠地ができることは大変頼もしい」と述べた。

 同会代表には、小池氏の政務担当特別秘書を務める野田数(かずさ)氏が就任。小池氏は現時点で役職に就かない。同会は塾生からの都議選候補者絞り込みを進め、順次、公認発表していく。

 1次公認されたのは、都議会会派「かがやけTokyo」の3氏と、小池氏支援を理由に自民党を除名された7人の区議の1人の計4人。「かがやけ」は同日、会派名を「都民ファーストの会東京都議団」に変更した。

「ニュース」のランキング