産経ニュース

沖縄・宮古島市長選 陸自配備容認派の現職が3選

ニュース 政治

記事詳細

更新


沖縄・宮古島市長選 陸自配備容認派の現職が3選

 選挙戦は、下地敏彦氏と真栄城氏が保守系で、奥平氏と下地晃氏は同県の翁長(おなが)雄志(たけし)知事を支持する革新勢力からの支援が割れ、ともに分裂選挙となった。市長選が30年の県知事選の前哨戦のひとつと位置づけられる中、翁長氏は下地晃氏の擁立を主導しながら、分裂が確定すると奥平氏支援に回り、支持勢力内にしこりを残した。

「ニュース」のランキング