産経ニュース

【村川豊海上幕僚長就任会見詳報】「真の即応体制を追求」「中国海軍艦艇の動向を注視」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【村川豊海上幕僚長就任会見詳報】
「真の即応体制を追求」「中国海軍艦艇の動向を注視」

村川豊海上幕僚長 村川豊海上幕僚長

 「そうしますと、いま河野海幕長が今後10年と言った2012年から見ますと、ちょうど折り返し地点にあたるのではないかと思い、武居海幕長が示されたさまざまな指針に基づき、今後5年間は、これらを具体的に政策化し、体制を構築していく時代であると考え、それに尽力すべきかと考えております。以上です」

 --中国の空母通過への認識は

 「中国の空母遼寧が、日本周辺海域で活動を本格化させているということでありますけれども、動向については、これ海上自衛隊は普段からでありますけれども、中国海軍艦艇の動向については注視しております。警戒監視に万全を期して参るということで尽きるんではないかと思っています」

 --出張について。アメリカでは具体的にどなたとお会いになるのか。トランプの就任式とまたがるが、期待する成果は

 「ハワイにおいては、太平洋艦隊司令官のスウィフト大将、それから太平洋軍司令官のハリス大将とお会いする予定にしております。時期的なものにつきましては、たまたま確かに大統領の交代される時期と重なっておりますが、私は交代してなるべく早い時期にお伺いしたいということで調整した結果でありまして、たまたまその時期に重なったというのが、正直な所であります。もちろん、大統領の交代ということではなく、だけではなくですね、今後の日米の協力関係について意見交換してくるつもりでおります」

続きを読む

「ニュース」のランキング