産経ニュース

【日インドネシア首脳会談】「日本回帰」へ安倍晋三首相手応え…対中国、安保・経済とも信頼獲得

ニュース 政治

記事詳細

更新

【日インドネシア首脳会談】
「日本回帰」へ安倍晋三首相手応え…対中国、安保・経済とも信頼獲得

共同記者発表する安倍首相(左)とインドネシアのジョコ大統領=15日、同国ボゴールの大統領宮殿(共同) 共同記者発表する安倍首相(左)とインドネシアのジョコ大統領=15日、同国ボゴールの大統領宮殿(共同)

 「今回の訪問を通じ、日本とインドネシアの戦略的パートナーシップが一層強固なものだったことを確信した。地域と国際社会の課題についてジョコ大統領と取り組んでいきたい」

 安倍晋三首相は15日のジョコ大統領との会談後に行った共同記者発表で、こう力強く手応えを披露した。

 インドネシアは日本と中国が競った高速鉄道計画の受注合戦で中国を選んだが、計画には遅れが生じている。また、中国とは南シナ海をめぐって対立を深めており、このタイミングの首相訪問は「経済でも安全保障でも信頼できるのは日本」とのメッセージを送る形となった。

 インドネシアにとって中国は最大の貿易相手国であり、歴史的にも密接な関係だが、海洋国家であるインドネシアを脅かす中国の動きが顕在化。一昨年には領海内で不法操業をしていたとして拿捕(だほ)した中国漁船を海上で爆破したことが記憶に新しい。

 象徴的な例はインドネシア領ナトゥナ諸島付近での争いだ。中国は領有権は主張していない。とはいえ、中国公船が漁船を引き連れて違法操業を繰り返す示威的な行動パターンは、日本の尖閣諸島(沖縄県石垣市)付近で領海侵入を繰り返す中国の姿と重なる。

 首相は15日の会談で、ナトゥナ諸島の具体名を挙げて離島開発への支援を表明した。中国の無法な振る舞いへの対処は、日本とインドネシア共通の課題と認識しているからだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング