産経ニュース

【釜山・慰安婦像設置】日中韓首脳会談は切り離して調整、「対抗措置」効果、弱める恐れ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【釜山・慰安婦像設置】
日中韓首脳会談は切り離して調整、「対抗措置」効果、弱める恐れ

釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像(名村隆寛撮影) 釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像(名村隆寛撮影)

 安倍首相は対抗措置発動後、「韓国に誠意を示してもらわないといけない」と発言しているが、慰安婦像撤去に向けた韓国政府の動きは鈍い。このタイミングで日本政府が日中韓首脳会談に向け動き出せば、慰安婦像をめぐる日本側の「不快感」を韓国側が軽視する可能性も否定できない。

 長嶺氏らの早期帰任を模索する動きもある。外務省幹部は13日に自民党本部を訪れ、二階俊博幹事長ら党幹部と協議。協議終了後、出席者は「(外務省幹部が)長嶺氏を早めに帰して韓国と交渉した方がよいという方向で考えていると報告した」と説明する。

 長嶺氏らの処遇に関しては、二階氏も早期帰任が望ましいとの見解を示している。ただ、首相官邸には一時帰国の長期化も覚悟すべきだとの声が根強く、政府・与党のちぐはぐな対応が目立っている。

関連トピックス

「ニュース」のランキング