産経ニュース

韓国・民団が新年会 慰安婦像の撤去求める 共産・小池晃氏は「日本政府は誠実な謝罪必要」

ニュース 政治

記事詳細

更新


韓国・民団が新年会 慰安婦像の撤去求める 共産・小池晃氏は「日本政府は誠実な謝罪必要」

在日本大韓民国民団の新年会で日韓関係の改善を訴える日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相=12日、東京都千代田区(田中一世撮影) 在日本大韓民国民団の新年会で日韓関係の改善を訴える日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相=12日、東京都千代田区(田中一世撮影)

 在日本大韓民国民団(民団)は12日、都内のホテルで新年会を開き、呉(オ)公太(ゴンテ)団長が韓国・釜山の総領事館前に設置された慰安婦像について「撤去すべきだというのが、私たち在日同胞の共通した切実な思いだ」と述べた。その上で、一昨年12月の慰安婦問題に関する日韓合意の堅持を訴えた。

 呉氏は日韓合意を「両国政府が苦渋の末に選択した結果で、関係発展のための英断だ」と評価し、会場の拍手を浴びた。その上で「誠実な態度で履行されなければ問題は永遠に解決されない」と強調。「合意が履行されずに再び両国関係が冷え込み、私たち同胞はまたも息を殺して生きなければならないのか」と切々と述べ、「(韓国)国民の冷静かつ賢明な判断と、日本政府の冷静な対処」を求めた。

 民団は在日韓国人の最大組織。新年会には日韓の国会議員ら約800人が出席した。日韓議員連盟会長を務める額賀福志郎元財務相(自民)は、日本政府が慰安婦像設置への対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させたことを「(日韓合意による)国と国との約束を守っていくため、初心に帰ってがんばろうというメッセージだ」と語った。

 公明党の太田昭宏前代表は「北東アジアの平和と安定のため、(日韓関係の)打開に向けて公明党はしっかりやる」と語り、民進党の赤松広隆最高顧問は「難局を乗り越えていきたい」とあいさつした。

続きを読む

「ニュース」のランキング