産経ニュース

【釜山・慰安婦像設置】日本政府「帰任時期は総合的に判断する」 長嶺安政駐韓大使が一時帰国 10日以降に安倍晋三首相らに報告

ニュース 政治

記事詳細

更新

【釜山・慰安婦像設置】
日本政府「帰任時期は総合的に判断する」 長嶺安政駐韓大使が一時帰国 10日以降に安倍晋三首相らに報告

韓国・釜山での少女像設置を受け、帰国した長嶺安政駐韓大使=1月9日午後、東京・羽田空港(鈴木健児撮影) 韓国・釜山での少女像設置を受け、帰国した長嶺安政駐韓大使=1月9日午後、東京・羽田空港(鈴木健児撮影)

 チェコを訪問中の岸田文雄外相は8日(日本時間9日)、プラハでの記者会見で「世界の多くの国々が高く評価した日韓合意を日本は履行した。韓国に対して少女像の問題も含め合意の着実実施を求めたい」と強調した。慰安婦に関する平成27年12月の日韓合意では、韓国政府が「適切に解決されるよう努力する」と約束。日本政府は合意に基づき、元慰安婦支援などに10億円を拠出している。

 政府は6日に慰安婦像設置への対抗措置として、日韓通貨交換(スワップ)協定再開の協議中断とともに長嶺氏らの一時帰国を発表していた。釜山の総領事館やソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像をめぐり、日本政府は「領事関係に関するウィーン条約に規定する領事機関の威厳を侵害する」と主張している。

関連トピックス

「ニュース」のランキング