産経ニュース

民進党の野田佳彦幹事長「背水の陣ではない。水中に沈んでいる」 党の情勢に危機感

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進党の野田佳彦幹事長「背水の陣ではない。水中に沈んでいる」 党の情勢に危機感

仕事始めで挨拶する民進党の野田佳彦幹事長=4日午前、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影) 仕事始めで挨拶する民進党の野田佳彦幹事長=4日午前、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影)

 民進党の野田佳彦幹事長は4日の仕事始め式であいさつし、「われわれの立場はもう背水の陣ではない。すでに水中に沈んでいる」と述べ、支持率の上がらない同党の状況に強い危機感を示した。その上で「そこからどうやって浮き上がって、岩肌にツメを立てて、よじ登っていくかという覚悟が問われる年だ。もう一回、二大政党の一翼を担っているといわれる時代をと作っていこう」と奮起を促した。

 次期衆院選については「今年中の解散・総選挙は十分あり得る」との認識を示し、選対や広報など党内のあらゆる部局の総力を結集して準備を加速させるよう指示した。

 今月に召集される通常国会にあたっては「しっかりと党としての立ち位置を定めて論戦に挑んでいきたい。今からしっかりと準備をお願いしたい」と呼びかけた。

 

このニュースの写真

  • 民進党の野田佳彦幹事長「背水の陣ではない。水中に沈んでいる」 党の情勢に危機感

「ニュース」のランキング