産経ニュース

【天皇陛下譲位】有識者会議の議事概要公表 「今上陛下についてのみ決めるべき」 恒久制度化への慎重論相次ぐ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【天皇陛下譲位】
有識者会議の議事概要公表 「今上陛下についてのみ決めるべき」 恒久制度化への慎重論相次ぐ

天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議に臨む、座長の今井敬経団連名誉会長(右から2人目)ら=14日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) 天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議に臨む、座長の今井敬経団連名誉会長(右から2人目)ら=14日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 政府は26日、安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)の第7回会合(14日開催)の議事概要を首相官邸ホームページで公表した。

 議事概要によると、譲位の恒久制度化への慎重論が多く挙がり、「40年ほど前に制定された法律で55歳を高齢者としているが、非常に違和感がある。その時代時代の波を受け止めて、今の時点での判断をすることが必要ではないか。『全ての天皇』や『将来にわたって』ではなくて、今上陛下についてのみ決めていくべきではないか」などの意見が出た。

 一方で「明治の皇室典範で退位は認めないということになったが、未来永劫これが続くという決意で決めたわけではない。皇室典範も不磨の大典ではない」との指摘もあった。 

「ニュース」のランキング