産経ニュース

維新国会議員団、歳費2割カット 1人あたり月額18万円を被災地に寄付

ニュース 政治

記事詳細

更新


維新国会議員団、歳費2割カット 1人あたり月額18万円を被災地に寄付

日本維新の会の馬場伸幸幹事長(斎藤良雄撮影) 日本維新の会の馬場伸幸幹事長(斎藤良雄撮影)

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は20日の記者会見で、来月から党所属国会議員の歳費の2割をカットし、党に寄付した上で東日本大震災の被災地支援に充てると発表した。1人当たり月額18万円で、期限は切らず、党が存続する限り続ける方針。

 歳費は国庫への返納ができないため、各議員が「特別党費」として党にいったん寄付する形式を取る。維新は先の臨時国会に、国会議員の歳費を一律2割削減する法案や、歳費の返納を可能とする法案などを提出していた。

 馬場氏は「われわれは有言実行の政党だ。身を切る改革を言っているだけではない」と強調し、「国会議員も当初月額50万円を寄付していたが、今はやっていない。だが、国民には平成49年まで復興特別所得税をお願いしている。税金で生活している国会議員が甘んじてはいけない」と述べた。

「ニュース」のランキング